シアリスとはED治療薬の中でも効果の持続時間が長いのが特徴の医薬品です。EDのせいで妻が浮気に走ったらどうしよう、そんな悩みを抱えている方はシアリス!EDになる前よりも夜が楽しくなるかもしれませんよ。

2017年04月の記事一覧

シアリスの正しい使用量と即効性は期待できる?

ED治療薬として日本で認可が出ているシアリスは、多くの専門医療機関でも処方されています。1回服用すると10ミリgタイプで24時間程度、20グラムタイプではなんと36時間程度は威力がキープできるのが特長です。何度も服用しなくて済むので手間も省けますし、体の他の部分にも負担がないのがメリットです。また、体がシアリスの成分を吸収すれば、食事に左右されることもないので、生活に犠牲もなく使える点も世界から支持されています。使用量は体の状況によって適したものを選ぶことができます。日本では5ミリグラム、10ミリグラム、20ミリグラムが認可されています。この中から医師と相談して選ぶと良いでしょう。初めての場合はまずは体の変化などを様子見するためにも5ミリグラムから処方されるケースが多いようです。1日1回までと定められており、1回服用したら24時間はあけることが必要です。体がシアリスの成分を吸収するには人によって異なり1時間から4時間程度かかりますので、時間を逆計算して服用します。しかし、1回吸収されれば、長い時間は効果が持続しますので、それを考えると吸収時間は妥当でしょう。このように効果を発揮するまでには吸収という時間が必要ですので、飲んですぐという即効性はありません。シアリスは即効性よりも持続性に優れた薬ですので、1回の手間で済ませたいという方に特におすすめです。世界中で使用されている薬で、日本でも認可は2007年で、大きなトラブルは報告されていません。ルールを守れば安心と言えるでしょう。ただ、保険適用外ですので、その点は日本のどの病院でも同じです。今までのタイプとはけた違いの持続力のシアリスは試す価値がありそうです。

続きを読む

夫婦仲に影響のED治療にシアリスを宅配便で受け取る

EDは男性だけの問題ではなく夫婦やパートナーとの関係にも影響して関わってくる大きな問題となってしまうことがあります。
勃起不全を放置していてもなかなか解消しないケースが多いですが、きちんと治療をすることでしっかりした勃起を得ることができるようになります。
まず行いたいのが泌尿器科やED治療も行っている内科などを受診することです。
こうしたクリニックではカウンセリングをして治療が必要かをカウンセリングで判断し、勃起不全の原因を調べます。
器質性、心因性、血流性などのさまざまな勃起不全の原因をチェックしたあとにそれにあった治療法を選択して改善を目指します。
特に多いのが血流性の勃起不全でこうした場合にはED治療薬を使って効果を出していきます。
ただしこうしたクリニックでプライベートな悩みを話すことや、女性の看護師が居る前で診察を受けるのがストレスだという方も多くいらっしゃいます。
そうした方はシアリスなどのED治療薬を通販で購入できます。
こうしたED治療薬は日本では医師の処方なしでは購入することができないので、海外からの個人輸入という形で入手することができます。
個人輸入とは言っても、一般の通信販売と形が変わらず宅配便にて自宅に届くシステムです。
家族にシアリスの購入を知られたくないという方にも安心で、外箱からは勃起不全治療薬とわからないような工夫がされている業者も多くありますのでそのようなところを選べば、家族に知られることなく入手することができます。
診察を受けるストレスや手間なく、手軽に入手できるシアリスの個人輸入ですが、あらかじめ使用法をきちんと知った上で安全に利用することが大切な条件となります。

続きを読む

EDの放置で脳梗塞?血糖値とシアリスの関係

EDを治療せずに放置してしまうと、最悪の場合脳梗塞になってしまう恐れがあります。なぜなら、EDは動脈硬化の初期症状というケースが多いからです。
ペニスの血管は他の部位よりも細くて、1~2mm程度しかありません(脳は5~7mm、心臓は3~4mm)。つまり、それだけ他の部位に比べて詰まりやすいということです。
そのため、血管が柔軟性を失う動脈硬化の初期症状で、真っ先に症状があらわれやすいのがペニスということです。EDになったら、動脈硬化を疑ったほうがいいでしょう。
初期症状であれば、治療薬を飲んで症状の進行を食い止められる可能性が高いです。放置してしまうとさらに硬くなり、血管が脆くなって壁が剥がれて、それが脳にとんで脳梗塞を引き起こしてしまう可能性があります。なるべくはやく発見して治療することが大切です。
血糖値が高いことで動脈硬化が進む可能性があります。糖尿病と動脈硬化はセットで起こると考えておいたほうがいいです。
糖尿病のある人のED治療では、まずは糖尿病の指標となるヘモグロビンA1c(HbA1c)の値や、その他の疾病の有無、服用中の薬の確認を行います。
糖尿病でも、シアリスなどのPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)阻害薬を投与して治療することで、高確率で症状を改善できる可能性があります。実際、糖尿病の人でもシアリスなどの治療薬で症状が改善されたという症例も数多くあります。
糖尿病は腎臓や血管など様々部位に支障が出る病気なので、そのための治療とED治療薬の相性を確認していく必要があります。
たくさん薬を飲んでいる人は併用禁忌薬が混ざっている可能性が高いので、お薬手帳を医療機関に持参していきましょう。

続きを読む

男性不妊解消のために肉体改造とシアリス

ED(勃起障害)が原因の男性不妊には、シアリスや肉体改造が有効です。
シアリスは全身の血流を良くするED治療薬のひとつで、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)阻害薬とも呼ばれています。PDE5は血管拡張に必要なcGMPという血管拡張物質を分解してしまうことで、勃起を終了させます。
EDの人のペニスの海綿体の内部にはこのPDE5が通常よりも多く存在しているために、cGMPが壊されて勃起が起こりにくくなってしまいます。
シアリスの有効成分は、このPDE5の働きを邪魔します。するとcGMPの濃度が上昇して、陰茎海綿体が弛緩して海綿体に血液が多く流れ込むようになります。
シアリスは他のED治療薬に比べて効果が穏やかで、自然な硬さに近い勃起ができるということで評判です。
ただし、シアリスはEDを治してくれる薬ではありません。
EDの原因には色々あります。体の不具合が原因になる器質性ED、心の不具合が原因になる心因性EDの2つに大別されます。
このうち、自分で対処しやすいのが器質性EDです。
勃起力を日頃から高める方法として、スクワット、ウォーキング、などが有効です。
スクワットは太ももの表にある大腿四頭筋や、太ももの裏のハムストリング、お尻の大臀筋、といった下半身の筋肉をバランス良く鍛えることができます。
異性からみて魅力的なボディになりますし、下半身を鍛えることにもつながるのでED対策に効果が期待できます。
年齢に関係なく取り組みやすいのが、ウォーキングです。心肺機能を高めることができるので、血流促進効果が得られます。
EDによる男性不妊対策には、日頃から意識して下半身を鍛えて肉体改造をしておくことが大切です。

続きを読む

シアリスは用法でパートナーに内緒で使いやすい

男性機能の衰えをサポートするED治療薬としてのシアリスは近年非常に人気を集めています。病院で診察を受けて処方箋を書いてもらわなければ購入することのできない処方薬として購入することが出来ますが、その用法が非常にシンプルであるため使いやすいという特徴が人気を集めているのです。
ED治療薬としてはバイアグラが最も有名な薬です。しかしこの薬は効果が強い反面、いくつかの点で使いにくいという特徴があります。例えば使用してから効果が最大になるまでに少し時間が必要になりますし、その間に食事をしてしまうと効果が失われてしまうのです。このような用法の注意があるため、使用するにはパートナーの協力が必要になると考えるのが一般的です。もしもED治療薬の使用を隠しておきたいのであればバイアグラは最適な薬であるとは言えません。
しかし最新の薬であるシアリスは使用してから一日半以上の長時間にわたって効果が持続するのが特徴の薬です。また食事の影響も受けにくく、週末に使用すればいつでも安心できるというのが特徴の薬です。そのためパートナーに内緒で使用することもそれほど難しいことではありません。食事に関しても性行為のタイミングについても相手に合わせて柔軟に変えることが出来ますので非常に使いやすい薬であると言えます。このような特徴が人気を集めるようになりました。
このシアリスはバイアグラと同じく病院で専門の医師の診察を受けて処方箋を書いてもらって初めて購入することが出来る処方薬です。便利な薬ではありますがバイアグラと同様に使用上の注意事項がありますので注意が必要です。誤った使い方にならないように正しい使い方を学ぶ必要のある薬であることに変わりはありません。

続きを読む

勃起力が弱いならシアリスやアボルブカプセルで対処

中年になったら若いときのように毎晩セックスをしたり一晩に何回もやったりすることができなくなり、勃起できる回数も減ってきて妻とセックスレスになって関係が悪化したり、性力の衰えを感じていつも体がだるい状態が続いたり、性欲も湧かなくなってきて性生活が普通にできなくなったらED治療など対策が必要な証拠です。加齢によって男性ホルモンが減少してくると、下半身が衰えて勃起したくてもできなかったり様々な別の症状を引き起こしたりするので、専門病院で診察を受けたり有効な薬を使って改善するようにしましょう。

勃起力が弱い人におすすめなのは精力剤のシアリスです。バイアグラのように即効性があり、服用するとゆっくりと作用して勃起が始まって30時間以上も状態を維持できるので丸一日セックスを楽しむことができます。食事に左右されにくい成分で、空腹時ではなくても使えるのが便利でアルコールを飲んだときでも効果を得られます。前立腺肥大症や残尿感、頻尿などが原因で勃起が困難な場合はアボルブカプセルで治療をするのが有効です。男性ホルモンに働きかける薬なので高齢者や高血圧の人に特に有効で、抜け毛を予防する効果もあると言われています。

アボルブカプセルを治療に使うと性欲が低下してしまうケースもあるので、シアリスを使えば再びしっかりと勃起できるようになって性生活を楽しめます。高価なので使いにくいと思ったらジェネリック医薬品も複数販売されているのでオンライン薬局などで簡単に手に入れることができて勃起不全の改善や持続力の強化に役立ちます。性力が弱いことで悩んでいるならシアリスなど有効な精力剤を活用して昔のように勃起できる体質をつくりましょう。

続きを読む

シアリスよりもお手頃な治療薬って?

日本で認可されているED治療薬はシアリスを含めて3種類で、病院で診察を受けると処方してもらうことができます。この中でもシアリスは長時間作用型となっていて、最大36時間も効果が持続するため、その日のうちに性行為を楽しんだ後、翌日でも効果が続くこともあります。長く楽しめることから同じ価格帯で購入できるED治療薬の中でもお手頃な飲み薬となっていますが、シアリスよりも安く購入出来るものも存在します。日本では厚生労働省が認めているものしか購入できませんが、海外では非常に様々なED治療薬が販売されていて、シアリスと同じ成分を使用したいわゆるジェネリック医薬品となるものも販売されているのです。ED治療には健康保険が適用されていないため、シアリスの購入も自己負担となってしまいます。価格は病院で処方してもらうと、たった1錠を購入するだけでも1,500~2,500円の出費となります。決して安くない薬代で、1回使用すれば終わってしまうため、日常的に使用するというわけにはいきません。しかし、海外で販売されているシアリスのジェネリック医薬品は、大幅なコスト削減によって価格が下がっていて、1錠当たり400~600円前後で購入することが可能です。1錠だけというのは不可能ですが、1箱4錠入りのパッケージで購入しても1,600~2,400円程度なので大きな負担もなくEDを克服することができます。購入方法は個人輸入代行サイトを利用すれば良く、通常のネット通販と同じ感覚で購入が可能です。また、まとめ買いをするとさらにいくらかの割引がついてくるので、さらに安い値段で購入することができ、週に数回の性行為でも毎回使用できるので便利です。

続きを読む

シアリスの長時間の持続なら一晩中楽しめる

他のED(勃起障害)治療薬に比べて、シアリスは投与から約36時間効果が続く効果持続性がメリットの薬です。黄色い卵型の外見をしていて、日本では5mg、10mg、20mgの3種類の規格で製造販売の承認を受けています。ただし、まだ薬価基準(厚生労働省が設定した保険診療請求のための価格)未収載の薬なので、日本国内のどこの医療機関に行っても、全額自己負担の価格でしか処方してもらえません。シアリスの主成分のタダラフィルは、水に溶けない性質を持ってて、効果が出るまでに時間がかかります。なので、SEXの3時間くらい前に飲んでおいたほうがいいです。シアリスは約36時間効果が持続するので、時間を気にせず一晩中SEXを楽しむことができます。他の薬は4~6時間程度しか効果がもちませんが、シアリスであればゆっくりと夜の営みを行うことができます。はやくSEXを終わらせなければという焦りや心配に振り回されなくて済むのがメリットです。焦りやプレッシャーでEDになってしまいやすい人には、最適の薬でしょう。長期間シアリスを使っていると、体に抗体ができて効きにくくなるということはありません。どんどん薬の量を増やしていく必要に迫られることはないので、安心して使って大丈夫です。ただし、EDの原因が糖尿病、高血圧、高脂血症でその病気が進行したり、加齢によって体力が衰えて来れば薬が効きにくくなることはあります。これは抗体ができたというのではなく、他の要因が薬を効きにくくしているだけなので、薬の力が落ちてしまうというわけではないです。シアリスはウィークエンドピルとも呼ばれていて、金曜日の夜に飲めば日曜日の昼間まで効果が持続します。

続きを読む